スポンサーサイト

2014.03.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -


    ゴボウ再挑戦

    2013.09.28 Saturday 16:18
    0
      春にゴボウを作ったのですが、思ったような美味しさではなかったので秋に再挑戦しています。

      今回も袋栽培です。6箇所に芽が出てきたところです。
      中央のパイプは水遣り用です。
      春の栽培の時分かったことですが、水を上から掛けても根の先の方には届いていません。
      根は水や養分を求めて伸びるので根の先に届けようと試みた次第です。




      本葉が1枚出てきたので昨日間引きをして2本立ちにしました。
      秋冬の寒い時期に栽培するので、上手くいくか半信半疑の心境です。

      今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

       
      category:ゴボウ | by:のぶさんcomments(0) | - | -


      ごぼう収穫

      2013.08.19 Monday 17:58
      0

        5月13日に種まきした時の状態です。
        袋栽培2袋と手前で露地栽培しています。
        袋栽培と露地栽培の違いがどのような形で現れるかを試してみました。
        袋は40リットル入りの堆肥の袋の底をカットしたものです。袋の周りに断熱シートを巻いています。
        リビングルームの床に敷く断熱材に使っていたもので廃材利用です。
        このほうが根に優しいのではないかと思いやってみました。
        また、袋の中に入れた用土は一方は市販の野菜用培養土でもう一方は畑の土を入れています。
        これも用土の違いを比較してみようと思いついたことです。
        なにしろごぼうの栽培は初めてなので試行錯誤になりました。




        種まきから90日以上経ち、葉も枯れかけてきました。
        収穫の合図です。




        袋をカッターで切って剥がしたところです。
        一つの袋に7株育てました。




        ごぼうを折るまいと、まるで化石を掘るように注意深く掘っていきました。
        移植コテの長さは30cmですから、可食部は30cm以上はあります。
        種袋の能書きには長さ30から40cm、太さは1cmとなっています。
        太さは2cmぐらいでした。





        こちらは露地栽培のごぼうです。
        太さは2cm以上ありますが、長さは15cm強しかありません。
        この畝の底は固い粘土層で深く耕すことができません。
        予想通り袋栽培には負けました。




        もう一つの試みの用土の比較です。
        左は畑の土で育てたもの。右は市販の野菜用培養土で育てたものです。
        中には培養土のほうが短いものもありますが、
        平均すると、太さ長さ共培養土で育てたほうが優れています。
        これも予想通りですが、安い培養土でも畑土よりは良く育つことが分かりました。
        我が菜園の畑土はまだまだ良い土とは言えないようです。
        尚、追肥は自家製のぼかし肥を同じように与えました。
        姿形よりも食味が肝心です。
        自家製の新鮮なごぼうは柔くて美味しいと聞いています。
        早速茹でただけで食べてみましたが、ごぼうの香りはせず、硬くて不味いのです。
        妻と二人で !なにーこれー! 少しがっかりしました。
        そんなはずはないと、気を取り直し、きんぴらごぼう風に味付けをして食べてみました。
        すると今度はデンプンのねっとり感があって柔らかで美味しいのです。
        これまでのごぼうの味を見直すことになりました。
        料理のやりかたでこんなにも味が変わるものなのかと仰天した次第です。

        今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。







        category:ゴボウ | by:のぶさんcomments(14) | - | -


        ごぼうとスイスチャード

        2013.05.13 Monday 18:41
        0
          ごぼうも自分で作ると美味しいですよと聞いたので
          初めてですが作ることにしました。
          採りたての新鮮なごぼうが美味しいようですね。
          この品種は短くて作りやすく、柔らかいとのキャッチーコピー
          を信じて選びました。
          長さは40cmぐらいだそうです。






          2条植えで株間は12cm。1箇所4粒の点蒔きにしました。
          好光性なので覆土は薄くして、水をたっぷりかけました。
          種まきの前、一昼夜水につけたほうが良かったのですが、何粒水につければいいか
          判断がつかなかったので今回は水につけませんでした。




          ごぼうは皆さん袋栽培されているので私も真似させてもらいました。
          1袋で7株育てることができます。
          写真は種まきの後、籾殻を撒いたところです。
          この40リットル入りの袋に入れる用土が足りないので、2袋用にと思い培養土を80リットル買いました。
          ところが1袋に80リットル入ったのです。
          仕方ないのでもう一つの袋には畑土を入れました。
          丁度生長具合の比較ができるので結果オーライです。




          畝で栽培する方には籾殻を撒いた後、不織布でベタガケにしました。
          袋栽培の方は新聞紙で保湿と鳥害対策としました。
          発芽適温は20〜25℃です。
          このところの暑さで25℃を超えそうです。
          ベタガケを止めてトンネルにしたほうが良いかも分かりませんね。




          3月26日に種まきしたスイスチャードが収穫できる大きさになりました。
          ふだん草も同じように育てています。
          スイスチャードは色がカラフルで綺麗です。
          摘み取り収穫をするので8月末まで葉物が楽しめます。

          今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。




          category:ゴボウ | by:のぶさんcomments(9) | - | -



          Profile
            

          日本ブログ村



          作付け計画と全景写真

          愛犬ヨークシャーテリア

          The wild birds in USA

          My favorite photo

          Calender
          s m t w t f s
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          2627282930  
          << November 2017 >>

          Link

          Selected entry

          Category

          Archives

          Recent comment



          Search

          Others

          Mobile
          qrcode

          Powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM

          PR