スポンサーサイト

2014.03.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -


    ねぎ軟腐病

    2013.09.11 Wednesday 17:11
    0
      初めての根深ネギ栽培ですが、上手く行きません。
      先日、サビ病かベト病かで悩みましたが、(結局アザミウマの食害跡でした)
      今度は又違う症状が出ました。

      下仁田ネギです。地際から倒れています。




      そっと抜いてみると、ズズッと抜けてしまいます。
      そして悪臭がします。正しくネギ軟腐病です。
      調べてみました。
      「本病原細菌は圃場周辺の土壌中に生息しており、罹病植物の被害残さが感染源となって発生する。」
      この畝の前作はエンドウでしたが、なんら問題はありませんでした。
      その前のことを思い返してみると、この畝に元肥としてにコンポスト堆肥を入れていました。
      コンポストには残渣も入れるし残飯も入れていました。
      畑に投入した時は臭いもなく完熟状態と判断しました。
      しかし罹病植物の被害残渣が混じっていたのかも分かりません。
      エンドウでは病気は出なかったが、ネギで出たと言うことでしょうね。




      半分近くが消えて無くなりました。
      手前2列に植えてあるものが下仁田ネギで、向こう1列のものがホワイトスターです。
      どちらにも被害が出ています。




      もう一つの原因は、「排水の悪い圃場で被害が多い傾向があり、湿地では高畝栽培とする。」
      とありました。
      もう遅いとは思いますが、両サイドを掘って水分が逃げやすくしました。
      根本的対策は農薬を使うことですが、何本かは生き残ってくれることを願って、
      このままで様子を見ることにしました。




      更に災難が襲います。
      ゴムのようにぶよぶよしたネキリムシが葉を切り取ってしまいます。
      病気で弱っているのにそこまでしなくても良さそうなものを・・・・

      今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。




      category:ネギ | by:のぶさんcomments(12) | - | -


      スポンサーサイト

      2014.03.13 Thursday 17:11
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -


        Comment
        おはよう御座います。
        ネギ一難去ってまた一難ですね。
        軟腐病厄介な病原菌ですね。
        菌は何処の畑でもいると思うんですが
        有る条件下で発生するかしないかの様に素人判断ですが
        私は思います。
        最後に書いてあった排水性大事だと思います。
        玉葱も良く自他症状が出るので玉葱はどうでしたか。
        私も今日の投稿でたまたま一緒ですが下仁田アップしました。


        弱り目に祟り目状態ですね。
        病気は厄介なものですね。
        少しでも頑張ってくれるといいのですが。


        【kazuちゃんファームさんへ】
        たまねぎはベト病に罹りましたが食べることはできました。
        このネギ軟腐病に罹ると食べれないので廃棄しかないですね。
        ネギ類は病気に罹りやすいのでしょうか。
        • のぶさん
        • 2013/09/12 10:59 AM


        【B級おやじさんへ】
        農薬はできるだけ使いたくないですからね。
        趣味でやってるのでそんなに深刻にならなくて良いのですが、こうなると少し落ち込みます。
        • のぶさん
        • 2013/09/12 11:02 AM


        何を栽培しても、病気やら害虫との戦いになります 大変な思いをしながらの栽培になりますが、だから夢中になるのですかね


        こんばんわ。
         >病気で弱っているのにそこまでしなくても良さそうなものを・・・・
        (笑)全く同感です。野菜栽培は本当に一喜一憂しながら
        続けて行くのでしょうね。
        病気の事は良く解かりませんが、これはちょっと悔しいですね。少しは生き残りますように。



        のぶさん、おはようございます!
        ねぎ、細菌感染ですか、、、、。
        やはり雨の降る場所では、色々と病気が発生しますね。。。。
        カリフォルニアは、(私以外誰も作ってませんが)ねぎはよく育つと思います。
        やはり土壌が豊かだと、招かれざる虫達も寄ってくるのですね-。
        このネキリムシって、なんだかプヨプヨで可愛いらしいのですが、すごい悪さをするみたいですね-。涙
        せっかく育てたのに、敵にやられるのは悔しいですね。。。。踏んだり蹴ったりですね。。。泣


        【還暦さんへ】
        家庭菜園の面白みは何と言っても、自分で作った美味しい野菜を食べることでしょうね。
        美味しい野菜を収穫しようと夢中になるのだと思います。
        だからなんとしても害虫や病気に勝たなければなりませんね。
        • のぶさん
        • 2013/09/13 4:32 PM


        【とめさんへ】
        害虫や病気で収穫できなくなったらガッカリしますね。
        これで生計を立ててはいないので、ガッカリするだけで済みますが、職業農家さんは必ず収穫しなければいけません。
        厳しいでしょうね。
        • のぶさん
        • 2013/09/13 4:37 PM


        【なほこさんへ】
        長雨が原因だと思っています。
        こちらは湿度も高いので虫も沢山いますし野菜栽培も苦労が多いです。
        カリフォルニアは雨も少ないし、湿度も低いし、良い野菜ができるでしょうね。
        ネキリムシなどそちらには居ませんか。
        • のぶさん
        • 2013/09/13 4:42 PM


        ネギの軟腐病は経験がありません。
        特に多湿に弱い野菜ですから、水はけが悪かったり雨が
        多かったりするとよくないのでしょうね。
        残った株が病気に負けずに育ってくれるとよいですね。


        【たまさんへ】
        ネギは多湿に弱いのですね。
        雨の予想が出るとビニールシートでトンネルにしていましたが、予想が外れて大雨に遭いました。
        植える時、藁を溝の中に入れますが、これが悪いのではないかと思っています。
        • のぶさん
        • 2013/09/14 5:58 PM










           

        Profile
          

        日本ブログ村



        作付け計画と全景写真

        愛犬ヨークシャーテリア

        The wild birds in USA

        My favorite photo

        Calender
        s m t w t f s
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        Link

        Selected entry

        Category

        Archives

        Recent comment



        Search

        Others

        Mobile
        qrcode

        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR