スポンサーサイト

2014.03.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -


    ポリマルチの使い分け

    2014.01.20 Monday 11:08
    0
      ちょっと興味のある資料があったのでアップしてみました。

      この実験はマルチなしの場合と、透明マルチ、黒マルチ、シルバーマルチを
      張った場合の地温を計測したものです。
      気温は35℃、28℃、9℃、4℃の時にそれぞれ計測しています。
      結果、いずれの気温の場合も透明マルチが最も高い。
      一見、黒マルチの方が、熱を集めるので地温を高めるように思われるが
      マルチのフィルム自体は熱せられても、光を遮るため地表には日光が届かず、
      地温が上がらないのです。
      また、シルバーマルチは光を跳ね返すため、3種類のマルチの中では最も地温が低くなります。
      これらに対して光を通す透明マルチの場合、地表にも光が当たるので土が温められ、
      マルチのフィルムに覆われているので熱が逃げず、結果、最も地温が高くなります。
      これらのことから、低温期には地温上昇効果のある透明マルチが効果的であるが、
      夏場は地温が高くなりすぎて、高温障害を起す可能性がある。
      夏場は地温を下げる効果があるシルバー、または黒マルチが良い。
      其の他の使い分けとしては、夏場の雑草防除には黒またはシルバー、
      害虫防除にはシルバーマルチの使用が良いでしょう。
      (以上タキイ情報誌「はなとやさい」より)
      感覚的には分かっていることですが、こうしてデーターで見ると納得できます。
      太陽熱利用土壌消毒を行う場合は透明マルチがベストであることも分かります。



      昨日ですがこの冬2回目の積雪がありました。
      積雪といっても正午には消えてしまうような雪です。

      ビニールトンネルを補強したお陰で今年は潰れずに済みました。




      タマネギには不織布のトンネルをしているので温かそうです。




      実エンドウも不織布で雪から守られています。先日の設置の効果が早速出たようです。




      こちらは雪が降る前日のイチジクの木です。白く見えるのは追肥です。
      糠と鶏ふんと加里と石灰を混ぜたものです。
      これでこの秋にも美味しいイチジクが生ってくれるでしょう。

      今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

      お帰りの時ポチッとお願いしますね。






       
      category:菜園テクニック | by:のぶさんcomments(20) | - | -


      これシイタケ?

      2014.01.18 Saturday 15:10
      0
        初めてのシイタケ栽培で試行錯誤しています。

        保温・保湿の目的でビニールトンネルにしています。
        通気穴を1箇所開けて、夜はビニールで穴を覆っています。
        ビニールトンネルの下は遮光ネットを被せています。



        通気穴から温湿度計を覗いてみると、
        温度(気温)は10℃、湿度は87%になっていました。
        この時の天候は曇りでした。
        シイタケの最適温度は5℃〜22℃、
        最適湿度は70〜80%になっています。
        温度はOKですが湿度が高過ぎます。
        温度の管理はそんなに難しくはないですが、湿度の管理はなかなか難しいです。









        通気穴1箇所では、良く晴れた日はトンネルの裾を開けても温度は25℃を超えるので、
        通気口を3箇所に増やしました。




        通気穴を3箇所にすると今度は夜中に温度が下がり過ぎます。
        そこで夜間はバスタオルを上に敷いて、その上からビニールシトを被せました。
        その効果はまだ確認していませんが、5℃以下にはなっていないと思われます。
        らうっちさんお持ちのデジタル温度計ならば最低温度を記録できるのですがねぇ。
        次回資材購入予定に入れておきました。湿度計もデジタルがあるのかな?




        あれこれ迷いながらも、栽培を開始して17日目です。
        ホダ木の周りに被せてある藁を避けてみました。
        「ここ」に何やらホクロのようなものが付いているのです。




        近づくと、こっこっこれはもしかしてシイタケ?




        更にアップにすると、これはシイタケの赤ちゃんではないでしょうか
        なにしろ初めての栽培なので、シイタケの赤ちゃんを見たことがありません。
        ご存知の方の一報をお待ちしています。
        くれぐれも私の期待を裏切らないようにお願いしま〜す。

        今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

        お帰りの時ポチッとお願いしますね。






         
        category:シイタケ | by:のぶさんcomments(16) | - | -


        えんどうネット設営

        2014.01.16 Thursday 15:08
        0
          えんどうの蔓用ネットの作り方は毎年違っています。
          昨年は両サイドに垂直にネットを張りました。
          それだと収穫時奥の方の実が採りにくいという欠点がありました。
          今年は合掌造りにしました。
          強度もあるし、霜対策の不織布張りも上手く張れます。





          少し斜めから見るとこんな具合です。
          手前は開いていますが、撮影後不織布で閉じて全面が囲まれます。
          この不織布は遅霜が終わると取り除きます。
          一つ気掛かりなこととして、茎葉が茂った時ネットから離れて生い茂ると思われます。
          その時は紐を水平に張って対処しようと思っています。




          これは不織布を張る前の骨組み状態です。
          補強も十分付けたので台風が来ても大丈夫だと思います。




          紫エンドウです。
          U字に曲げた針金で茎を曲げてやり、蔓をネットの方向に向けてやりました。




          こちらは実エンドウです。
          スナップとキヌサヤも育てていますが、この実エンドウが一番よく生長しています。




          第二菜園の全景ですが、三角形の物体は何か異彩を放っています。

          今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

          お帰りの時ポチッとお願いしますね。







           
          category:エンドウ | by:のぶさんcomments(12) | - | -


          土壌を酸性にしたくて!続き

          2014.01.14 Tuesday 14:50
          0
            酸度を下げるには  (島根県の資料より)
            酸度調整資材は、未調整ピートモスが適当
            酸度を1下げるための量は、面積1崚たり1.8kgから2.0kg
            注意)作土深さ15cm

            となっています。
            容積に換算すると土壌0.15m3に対してピートモスは2kg必要だということになります。
            この資料が本当ならば今までの懸案が一挙に解決できます。
            本当かどうか検証してみることにしました。

             
            実験に使った容器の容積は0.0126m3です。
            上の計算からすると必要ピートモスは168gとなります。



            まずピートモス投入前の土壌を測定すると6.8phでした。
            そこに168gのピートモスを混ぜて酸度を測定しました。

             
            1回目 168g投入
            6.5ph 投入直後
            6.6 1日後
            6.7 2日後
            6.7 3日後
            6.7 4日後
            投入直後の測定値は6.5phで0.3しか下がっていません。
            資料通りにはいきませんでした。
            おまけに4日後には6.7に上がってしまいました。
            そこで2回目として2倍の336gを投入しました。


             
            2回目 ピートモスの量336g
            6.2ph 投入直後
            6.3 1日後
            6.4 2日後
            6.5 3日後
            6.6 4日後
            投入直後は1回目より低く6.2phでしたが、4日後には又上がってしまいました。
            何故時間が経つと酸度は上がってくるのか理由は分かりません。
            そこで3回目を行いました。

             
            3回目 ピートモスの量504g
            5.5ph 投入直後
            5.6 1日後
            5.7 2日後
            5.8 3日後
            5.8 4日後
            3回目で一気に5.5まで下がりました。
            4日後には5.8まで上がりましたが、これ以後は上がらないだろうと実験は終了しました。
            結局酸度は1下がりましたが、ピートモスの投入量は最初の目論みの3倍になってしまいました。


            1日後のph5.6の時です。



            念のために比色法でも調べてみました。
            この写真では色が違って見えますが、実際に見ると5.5から6.0の間でした。

            この実験をまとめると
            酸度6.8の土壌(0.0126m3)に、504gのピートモスを投入すると酸度は5.8になる。
            分かり易く言い換えると、
            1屐15cm深さ)の畑に6kgのピートモスを投入すると酸度は1.0下がることになる。

            次にコストが気になります。
            ピートモス50リットルの価格は980円。
            ピートモスのかさ比重は0.136ですから、ピートモス50リットルは6.8kgになります。
            換算すると1崚たり865円のピートモスを入れることになります。
            ジャガイモなら1屬8株は栽培できそうです。
            1株に10個ジャガイモが採れるとすると、1個あたり10円になります。
            専業農家では無理ですが、我々家庭菜園愛好家なら興味半分で出来そうです。

            今年のジャガイモとサツマイモの栽培に取り入れてみようと思います。
            ピートモスを入れた畑と入れない畑で比較してみます。
            収量が多く味も良くならなければ意味がないですから。
            因みにジャガイモの最適酸度は 5〜6.5 、サツマイモは 5〜6 になっています。

            今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

            お帰りの時ポチッとお願いしますね。






             
            category:PHについて | by:のぶさんcomments(18) | - | -


            とんど祭り

            2014.01.12 Sunday 13:44
            0
              私が役員をしている自治会のとんど祭りの紹介です。

              団地の中央に少し高台が有りそこに公園があります。
              日ごろはゲートボールやバスケを楽しんでいる場所です。
              小さい公園なので余り高いとんどは作れません。
              自治会役員メンバーでとんどを立ち上げたところです。
              竹は近くの竹林から切り出してひこずりながら1本づつ運びました。
              大きな竹を4本選んで本柱にするのですが、長さをどうするかいろいろな意見が飛び交って決まりません。
              そんな時は長老が仕切ります。歩幅12歩の長さだというのです。
              背の小さい人が歩いてみるとなんだか短そうです。そんじゃもう少し長くしようと長老。
              長さを測って記録しておきましょうと私が言うのですが、毎年長さが違うから味があるのじゃと聞く耳持たず。
              ムダムリの排除、高品質の追及、ISO取得など厳しい生産管理を経験してきた自分には、ほっとするような響きがありました。




              櫓の作製は終り、焚き火の周りに集まって世間話です。
              その焚き火の側には竹筒が立っていました。なにやら穴が開いていますね。




              今年もどうぞ宜しく。まー一杯。おっとっと。
              中にはお酒が入っています。




              複雑な穴が開いていますが、こうすると注ぐ時にトクトクと音がするし一気に出ないのです。
              飲んべーが考えたのでしょうね。竹の香りがしてなかなかおつなものです。
              左手は私です。




              次は餅つきです。
              少子化とは言え、子供が結構います。




              男の子も集まっていますが、餅つきに参加するのは女の子ばかりです。
              女の子の方が積極的なんですね。ママは写真撮影です。




              婦人会の皆さんで餅を作ります。
              ここはは関西より西なので丸餅です。三重県のどこかの町が境目だそうです。




              年男、年女による着火です。
              みなさんおっかなびっくりです。




              ポンポンと竹が割れる音がして最高潮です。




              なにやら竹槍を持って合戦でも始まるのでしょうか。




              餅焼きが始まりました。




              これで今年も、無病息災、家内安全、商売繁盛です。

              今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

              お帰りの時ポチッとお願いしますね。







               
              category:其の他 | by:のぶさんcomments(16) | - | -


              最後のキャベツ収穫

              2014.01.10 Friday 15:48
              0

                8月22日に種まきしたアタリヤの「富士早生」です。最後の1株を収穫しました。
                昨年は根朽病(ねくちびょう)やら軟腐病やら黒班病やらに罹ってえらく難儀しましたが、
                今年は不思議と何の病気にも罹らないで済みました。
                防虫ネットのトンネルだけの対策でしたが、ハスモンヨトウやアオムシなどの害虫の被害も全く受けずに済みました。




                キャベツは根が小さいので簡単に引き抜けます。
                結球した葉は大きくて重たいのですが根は貧弱ですね。
                茎は硬くて小さいハサミでは切れません。




                大きく立派に育った中にあって幾つかはこのように結球しないものもありました。
                今期は苗の徒長が目立ち、弱い苗が最後まで尾を引いたようです。
                育苗の経験の少ない素人には良い苗をつくるのは難しいものです。



                害虫の被害はなかったのですが、最後の1株にこのような虫がいました。
                アオムシコマユバチの繭。
                この蜂はアオムシを食べてくれるそうです。
                今まで害虫の卵と思って潰していましたが悪いことをしていました。
                これからは大事にしなければいけません。




                モンシロチョウの蛹。
                この寒い中でも生きているのですね。

                「富士早生」は種1袋で3年作りましたが、まだ種が余っています。
                今年の秋もこの種を使うことにしています。完全に元は取れました。

                今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

                お帰りの時ポチッとお願いしますね。






                 
                category:キャベツ | by:のぶさんcomments(18) | - | -


                寒さの中頑張っています

                2014.01.08 Wednesday 13:10
                0

                  サカタのミズナ「千筋京菜」です。
                  ちょっと畝に空きができたので、片隅で育てています。
                  12月になって種まきしたので30日経ってもまだこのくらいですがよく頑張っています。
                  赤ちゃんの時から葉の形はミズナなんですね。




                  タキイの「桜風」 とう立ちが極めて遅い春大根です。
                  12月4日に種まきして19日後(12月23日)の状態です。
                  1箇所に3粒蒔いて3粒共双葉が展開しています。




                  それから13日後には本葉が2枚出てきました。1本間引いて2本にしました。
                  寒くても順調に大きくなっています。
                  本葉5・6枚まではトンネル内の温度は35℃以上にはならないように注意しています。



                  小ネギの種からの栽培は初めてです。
                  秋から冬の低温期でも生長が良く、伸長性の優れた小ネギです。
                  10月19日に種まきしました。
                  栽培暦によると3月中旬には収穫できることになっています。



                  18日後の11月6日時点ですが、先っぽは細くて何だか頼りないですね。




                  それから60日経ち、随分しっかりしてきました。
                  長ネギの場合は苗を育てて別の場所に移植しますが、
                  小ネギも同じように移植すると品質の良いネギが採れるそうです。
                  なぜそうなのか理由が分からないので、今回はこのままこの場所で育てようかと思っています。

                  今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

                  お帰りの時ポチッとお願いしますね。






                   
                  category:混合アイテム | by:のぶさんcomments(22) | - | -


                  ニンジン頑張っています

                  2014.01.06 Monday 14:27
                  0

                    ニンジン、播種日12月5日。春作専用種のタキイ「いなり五寸」です。
                    種まきから31日経ちました。ここまで大きくなったので不織布のベタガケは外しました。
                    昨年の今頃はこの状態から生長が止まり、終には枯れてしまいました。
                    生育適温(気温)は18℃から21℃ですが、それより低くなったからではないかと思っています。
                    温度のチェックは温度計を置いていますが、温度を見るためにトンネルを半分ぐらいは開けなければなりません。
                    温度を見た後はトンネルを閉じて裾は土をかけるか、押さえの棒などをセットしなければなりません。
                    この一連の作業はそんなに時間のかかるものではないのですが、毎日となると結構面倒なものです。
                    こういった管理はできるだけ簡素にできるようにしないと、ついついサボることになります。



                    簡単に中の様子が見えるようにトンネルの上部に穴を開けました。
                    気温を測るので直射日光が当たらないように陰を作っています。
                    21℃より高くなる日中は穴を開けてやり、18℃より下がる夜中には穴にカバーを被せて閉じられるようにしました。
                    この写真の時は、18℃だったので穴は開けてやりました。
                    この制御器(笑)は手動ですから朝9時と夕方4時には畑に出向く必要があります。
                    トンネル内の温度を感知して自動で開閉できるものができれば売れますかね。






                    こちらは12月24日時点の状態です。種まき後19日でぼつぼつ発芽が見えた時です。




                    こちらは種まき後31日経過の一番上の写真と同じ日にちに撮ったものです。
                    覆土の上に籾殻を撒いています。一番上の写真は籾殻煙炭を撒いています。
                    ニンジンは好光性種子ですが、この実験では光を通し難い黒い籾殻煙炭でも良く発芽しました。
                    発芽とは関係ありませんが、こちらだけ種帽子が付いています。何か因果関係があるのでしょうか。

                    今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

                    お帰りの時ポチッとお願いしますね。





                     
                    category:ニンジン | by:のぶさんcomments(16) | - | -


                    初めてのシイタケ栽培

                    2014.01.04 Saturday 15:03
                    0

                      シイタケ栽培、初心者なのでできるだけ簡単に、菌を埋めてあるホダ木を買いました。




                      まず浸水操作から始めました。12時間から24時間浸水させます。
                      浸水用の専用袋も売っていますが、高いので買わずに水タンクの中に入れました。
                      菜園の片隅に置いてある水遣り用の水を溜めておくタンクです。
                      タンクの長さが足らないので、全身が入りません。ホダ木の長さは90cmあります。
                      重りを乗せて、こうして20時間置いて、逆さに入れ替えて20時間浸水させました。
                      浸水時間が長過ぎたかも知れないですね。
                      もう一つ心配事は、寒くて氷ができています。寒さで菌が死滅することはないのでしょうか。
                      心配しても始まらないので次の工程に行きました。




                      日当たりの良い場所に水平に置きました。
                      台を両サイドに置いて地面から10cmぐらい上に置いています。
                      乾燥防止にコモネットというものも売っていますが、これまた高いので買わずにタオルを利用しました。
                      この状態で水を掛けてタオルを巻いたのですが、これではホダ木が蒸れてしまうのではないかと思い、
                      タオルは巻かないことにしました。
                      次に、説明書に「気温が低い時期の栽培は、菌の活動を促すためにビニールなどで被服してやって、日中の温度を20℃まで上げること」
                      と説明があったので、ビニールシートでトンネルにして作業は終わりました。

                      次の日、別のシイタケ栽培方法を読んでいたところ、重大な過ちを犯していることが分かったのです。
                      「ホダ木には直射日光を当てないこと」となっているのです。夏場ならば当然でしょうが、冬場もそうらしいのです。
                      タオルで巻けば直射日光は当たらないのですが、どうしても蒸れの心配があったので、別の方法を取りました。




                      別の方法といっても大したことではありません。
                      遮光ネットを被せて、この上に更にトンネルを作ってビニールシートで囲むことにしました。




                      遮光ネットを捲るとこんな具合です。
                      遮光ネットで日陰になっているのでもう蒸れることはないと思い、タオルを巻いてやりました。




                      最後にビニールシトでトンネルです。
                      この後大事なことは、20℃以上にならないようにすることです。
                      天気の良い昼間は裾を上げてやり、夕方には閉めることになります。
                      初めの作業の時、5時間ぐらい直射日光を当てたことになりましたが、果たして菌に影響があったかどうか、
                      数日後には判明すると思います。

                      【お願い】迷惑コメントが入るようになったので、画像認証を設定しました。お手数ですが宜しくお願いします。

                      今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

                      お帰りの時ポチッとお願いしますね。





                       
                      category:シイタケ | by:のぶさんcomments(18) | - | -


                      アスパラガスの株焼き

                      2014.01.02 Thursday 12:15
                      0

                        皆さん今年も豊作でありますように!

                        今年最初の記事はアスパラガスです。



                        茎枯病対策でビニールシートを被せているアスパラガスが枯れてきました。
                        トンネルの中が少し黄色くなってきています。




                        株元を見るとまだ半分ぐらいは青々しています。




                        このところ零下になる日が多くなったてきたので、思い切って茎をカットしました。
                        カットされた茎葉には病原菌が潜んでいるので、畑の外で処分します。




                        カットした跡です。




                        バーナーで株焼きして病原菌を退治します。




                        廻りの地表面も焼いていきます。
                        芽が出る前の3月末頃にもう一度株焼きします。




                        春には元気な芽が出てくる筈です。
                        これは昨年の春に撮ったものです。


                        今日も我が菜園にお寄り頂き有難う御座いました。

                        お帰りの時ポチッとお願いしますね。







                         
                        category:アスパラガス | by:のぶさんcomments(20) | - | -



                        Profile
                          

                        日本ブログ村



                        作付け計画と全景写真

                        愛犬ヨークシャーテリア

                        The wild birds in USA

                        My favorite photo

                        Calender
                        s m t w t f s
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        Link

                        Selected entry

                        Category

                        Archives

                        Recent comment



                        Search

                        Others

                        Mobile
                        qrcode

                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR